ウイイレ2018とパワプロ中心のゲーム攻略サイト:CHRONOGAMES - ウイイレ2018攻略準備開始!-

ウイイレのマスターリーグ:監督モード/マイクラブ:sim攻略やウイイレクラブマネージャー(ウイクラ)とパワプロ攻略ブログ!他にも選手のモンタージュ作成や新作ウイイレ2018の情報を追っていきます!

MENU

ダブルボランチはラインの高さが重要!【MLO監督モード攻略】【ウイニングイレブン2014】

スポンサーリンク

こんばんわ!

本田のミランデビューから初得点、そして初アシスト!
今後がとても楽しみな毎日です。

そして、個人的には岡崎が得点ランク4位まで来たのに注目しています!
トップとの得点差は2点差なので、ぜひとも得点王争いに絡んでほしいと思います。


今回は、ボランチの配置についてご説明します。

私は現在、4−2−3−1もしくは3−2−3−2のダブルボランチを採用しています。

今作では、FWの飛び出しがとても脅威となるため、このダブルボランチの位置がとても重要となります。

それでは、このダブルボランチのラインが高ければ、低ければのそれぞれのメリットデメリットをご紹介します。

1.ボランチとDFの感覚が狭め
(ボランチラインが低い)
================
  CMF  CMF
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
   間隔狭め
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
SB CB CB SB
================
メリット
〇 DFラインの裏を取られる危険が低い
〇 上がりすぎたSBのカバーに対応しやすい

デメリット
〇 相手GKやDFによるクリアのセカンドボールが中々取れない
〇 ショートカウンターがしにくい

おすすめボランチタイプ
〇アンカー
〇ハードプレス

2.ボランチとDFの感覚が広め
(ボランチラインが高い)
================
  CMF  CMF
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

   間隔広め

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
SB CB CB SB
================
メリット
〇 セカンドボールを拾いやすく、二重攻撃を仕掛けやすい
〇  高い位置からプレッシャーをかけれて、ショートカウンターがしやすい
〇 

デメリット
〇 相手から裏を取られやすい
〇 SBへのカバーが間に合わない 

 おすすめボランチタイプ
〇ビルドアップ
〇ボックストゥボックス


今回の内容は以上となります!
ぜひとも参考となれば幸いです!

次回は戦術の設定についてお話しできたらと思います。






ウイイレ2014戦術保存館バナー2
 

当ブログの運営の励みにます!

一日一回ワンクリックお願いします!

ウイニングイレブンシリーズ・攻略ブログ