読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウイイレ2017とパワプロの攻略サイト:CHRONOGAMES

祝、4周年!ウイイレ2017のマスターリーグ:監督モード/マイクラブ:sim攻略やウイイレクラブマネージャー(ウイクラ)とパワプロアプリ攻略ブログ!他にも選手のモンタージュ作成やパワサカの情報も追っていきます!

MENU

日本スタイル進化型!超攻撃的フォーメーション『4−2−4』2014!【MLO監督モード攻略】【ウイニングイレブン2014】

ポゼッション重視
スポンサーリンク

みなさんこんばんわ!

明日はワールドカップ前の国内最終戦。

どんな試合を見せてくれるのでしょうか。

そして、大久保に出番はあるのでしょうか・・・?


そこで今回は、日本代表の試合を記念して、
日本代表監督ザッケローニがワールドカップも攻めていくという意志の現れである
「攻撃的MFのFW登録」
を体現したフォーメーション『4−2−4』をご紹介します。 



4-2-4(2014)

















 戦術プラン 

パスのサポート意識 20
パスのサポート距離 3
ポジションチェンジ 20
プレスの開始位置 20
ディフェンスラインの高さ 20
守備のコンパクトネス 18
攻撃への切り替え 5
攻守レベル 0




 フォーメーションと戦術の解説 
このフォーメーションのセンターフォワードの選手は背丈があり、キープできる選手がとてもいいです。
センターSTにも同じくキープ力があり、リズムが作れる選手が良いと思います(ワンタッチパスがあると良い)。

サイドには好みの選手を置くと良いと思います。ここはストライカー的なポジションとなるので、攻撃的な選手ならばどのようなタイプでも問題ありません。

DMFはビルドアップ所持が最低条件となります。DFとFWへの橋渡し的存在となりますのでパス精度が高いことも条件です。

一番のポイントはSBで、攻撃能力が高いことは前提ですが、同時に守備能力も高いことが必要です。
なぜなら、FWを4枚置いているので、4−2−3−1のようにSBのケアをするSHがいません。
なので、とても守備力が大切となるのです。

そして、最後にフォーメーションの配置として、全体的に縦と横の面積は狭くすることもポイントです。
広いとその分、スペースが空いてしまい、相手が好きなように攻めれてしまうからです。

是非とも、うまく自分のバランスを見つけながら調整をしていってください!


 動画 



 



ウイイレ2014戦術保存館バナー2
 

当ブログの運営の励みにます!

一日一回ワンクリックお願いします!
↓↓↓↓

ウイニングイレブンシリーズ・攻略ブログ



にほんブログ村 ゲームブログ ウイイレへ



Powered by amaprop.net