ウイイレ2017とパワプロ中心のゲーム攻略サイト:CHRONOGAMES - ウイイレ2018攻略準備開始!-

ウイイレ2017のマスターリーグ:監督モード/マイクラブ:sim攻略やウイイレクラブマネージャー(ウイクラ)とパワプロ攻略ブログ!他にも選手のモンタージュ作成や新作ウイイレ2018の情報を追っていきます!

MENU

ピッポACミラン&新日本代表の"堅守速攻"『4−3−3』【MLO監督モード攻略】【ウイニングイレブン2014】

スポンサーリンク


ACミラン_日本代表_4-3-3

今回は、新日本代表とACミランが使用しているフォーメーション『4−3−3』をご紹介します。

堅守速攻のサッカーでチームを勝利に導きます!

 フォーメーション 
4-3-3milan_japan.png



 戦術プラン 

パスのサポート意識:18
パスのサポート距離:10
ポジションチェンジ:18
プレスの開始位置:15
ディフェンスラインの高さ:20
守備のコンパクトネス:20
攻撃への切り替え:14
攻守レベル:5


コンビネーションプラン

飛び出し(追い越し):7
ポストプレイ:8
ポストプレイ:6

 解説 
このフォーメーションのポイントは、

1.ST、CMの間はペナルティエリアの幅ちょい外側くらいに設定
2.STとCMFを同じ幅に設定
3.DMFは限界までポジションを上げる

となります。

このフォーメーションの特徴はまず堅守であることです!
DF4枚とボランチ三枚でしっかりと守れるフォーメーションとなっております。

相手のサイドの選手がボールを持って駆け上がって着た際、SBと同サイドのCMF、同サイドのSTで相手選手をはさみ、ボールを奪います。

そこからCBを経由し逆サイドのCMFやDMFにボールが渡り、FW陣へパスを素早くボールを通します。

相手は少し前掛かりになっているので、ラインが揃っていない少し高くなった相手DFライン裏へボールを通し、速攻を狙うかFWとオーバーラップしたSBでサイドを崩します。もし、カットされても後ろでサポートしているCMFやDMFがクリアされたボールを奪い返し、次々と厚い攻撃を仕掛けます。

このフォーメーションの特徴としては、

ポゼッションを捨てて、堅い守備から素早い攻撃へスイッチを入れる

となります。

ポゼッションは今まで紹介したフォーメーションに比べて低くなりますが、相手からの攻撃を今までで一番防げる

負けないフォーメーション

となっています。

負けが込んできて、この流れを切りたい・・・というときにこのフォーメーションを使用してみてください!
きっと、連敗から脱出できると思います!

それでは、また次回よろしくお願いします。