ウイイレ2018とパワプロ中心のゲーム攻略サイト:CHRONOGAMES - ウイイレ2018攻略準備開始!-

ウイイレのマスターリーグ:監督モード/マイクラブ:sim攻略やウイイレクラブマネージャー(ウイクラ)とパワプロ攻略ブログ!他にも選手のモンタージュ作成や新作ウイイレ2018の情報を追っていきます!

MENU

【ウイニングイレブン2015】前線からアグレッシブに強力ショートカウンター!名門よ甦れ!ゲーゲンプレス『4−4−2』【myclub】

スポンサーリンク

ゲーゲンプレス_ショートカウンター_4-4-2

みなさんこんにちわ!

今回は実際に私が今、プレイ/simで利用しているドルトムントをイメージした超プレス型ショートカウンターフォメ『4-4-2』を紹介します!

【フォーメーション】

4-4-2(1-1).png

【使用している監督/戦術】

200812130005-spnavi_2008121300011_view.jpg
バウサ監督/サン・ロレンソ

※オフェンスフォーメーションだけを使用
マネージメント能力:660
攻撃タイプ:ポゼッション
ビルドアップ:ショートパス
攻撃エリア:中央
ポジショニング:流動的
守備タイプ:フォアチェック
追い込みエリア:中央
プレッシング:アグレッシブ

【このフォーメーションの特徴】

今回のフォーメーションではフォアチェック+アグレッシブということで前線からプレスを強くかけていきます。

まずはFW二人が相手にプレスをかけることで敵はサイドへボールを逃がすようになります。
そして、サイドに流れたボールに対してセンターライン付近で形成している守備のブロックが敵のボールを奪いにプレスの波状攻撃をかけます!

4-4-2(1-1)defenseblock.png
上記の赤くなっている部分がMF+DFの守備ブロック

敵が不用意に中央へパスを出せばパスコースに入り、ボールをカットし、素早い攻撃で敵へ襲い掛かります。
そして時には、CBやSBがそのまま上がり、ワンツーしながらフィニッシュなんてこともあります。

4-4-2_block.png
守備ブロックを引いている実際のゲーム画像

【このフォーメーションのポイント】

このフォーメーションのポイントは
前線からのプレス&組織的な守備&そこからの流動的な攻撃
です。


基本的には奪った逆サイドのSH+FWでの攻撃となりますが、攻撃が遅れている場合は後ろから上がってきたCMFやSBも積極的に絡んでくるのでとても厚い攻撃が可能となります。

自分で操作をしている時はCMFの得点が1/3を占めるくらい絡んできますね!
おそらく、後ろから上がってくる選手はマークが付きづらいので、このような結果となっていると考えています。


【この記事の終わりに】

前線からプレスして、高い位置でボールを奪ってカウンター!
とても気持ちいいので、バウサ監督または4−4−2の似ている監督でぜひとも試してみてください!


現在、私はこのフォーメーションを使用して、simレートが600付近まで回復してきました。
この調子でディビジョン4めざし、挑戦を続けます!

また、良いフォメ+監督に出会えたらご報告させていただきます。

森保監督がほしい今日この頃・・・、3-4-2-1は魅力です・・・。