ウイイレ2018とパワプロ中心のゲーム攻略サイト:CHRONOGAMES - ウイイレ2018攻略準備開始!-

ウイイレのマスターリーグ:監督モード/マイクラブ:sim攻略やウイイレクラブマネージャー(ウイクラ)とパワプロ攻略ブログ!他にも選手のモンタージュ作成や新作ウイイレ2018の情報を追っていきます!

MENU

ウイイレ2017/2018戦術攻略:戦術でショートパス/ロングパスを使い分けて試合に勝とう!【マスターリーグ/マイクラブ】

スポンサーリンク

f:id:chrono0520:20170619030300p:plain

今回は、攻撃のコンセプトで設定できるパスのスタイルについての記事となります。

ショートパスとロングパスをうまく使い分けて、試合を有利に進めましょう!

パススタイルの種類

ショートパス

近くの仲間と短いパスを中心に試合を組み立てます。

 

主にグラウンダーパスを扱い、ロブパスは少なくなります。

 

ロングパス

長いパスを早く前線に送り、セカンドボールを狙ったりするなど、速い展開が多くなります。

 

パスの種類としてはグラウンダーパスとロブパスが半々くらいになります。

 

ポゼッション戦術との組み合わせ

ショートパス+ポゼッション

一番、ボール支配率を上げることができる組み合わせです。

仲間は常に受けに入り、グラウンダーパスを多用するので、一番相手にボールを渡しにくい組み合わせと言えるでしょう。

 

ロングパス+ポゼッション

 隙を見つければ、最終ラインからでも構わずロングボールを前線へ放つようになります。

 

なので、フォワードはなるべく背が高かったり、フィジカルコンタクトが高い競合いの強い選手を配置するのが良いと思います。

 

うまくハマれば、パスを回して、ボールを渡しにくい支配してからの速攻など、ショートパス+ポゼッションに比べてダイナミックな試合展開が期待できるようになります。

 

カウンター戦術との組み合わせ

ショートパス+カウンター

メインの攻撃方法はショートカウンターとなり、高い位置でボールが奪えるとチャンスに直結した攻めができるようになります。

 

闇雲に縦へパスを出すことはないですが、積極的に仲間が前線へ顔をだすようになり、早い連携が可能となります。

 

ロングパス+カウンター

ボールを奪えば、前線へロングボールを供給し、フォワードが競る形となり、セカンドボールを他の選手が狙う形となります。

 

そのため、前線には競合いに勝てそうなフィジカルコンタクトジャンプが高い選手を配置する必要があります。

 

展開の早さの順位

 次は、攻撃の早さです。結局のところ、展開が早いのはどの戦術なのかについて順位となります。

  1. ロングパス+カウンター
  2. ロングパス+ポゼッション
  3. ショートパス+カウンター
  4. ショートパス+ポゼッション

となります。

 

総じて、ショートパスよりもロングパスの設定の方が展開は早くなります。

 

そして、カウンター>ポゼッションの順番で展開が早い形となります。

 

戦術ごとの相性の良い選手

ここまでショートパス、ロングパスそれぞれについて述べてきましたが、それぞれの戦術で相性の良い選手はどのような選手なのかを次は見ていきます。

 

ショートパスと相性がよい選手

  • ショートパス精度
  • ボールコントロールが高い前線
  • 瞬発力
  • CB、GK以外はスタミナ
  • ワンタッチパス所持が好ましい 

 

ロングパスと相性が良い選手

  • ロングパス精度が高いDF、CMF、DMF
  • 身長が高いCF
  • フィジカルコンタクトが強い前線
  • ジャンプ力がある前線

 

 最後に

今回は、戦術で設定できるショートパスとロングパスについて、自分の検証結果からご説明させていただきました。

 

ショートパス、ロングパスの設定ひとつで様々な動きの違いが出てきます。

 

自分で操作してるときとは違い、どうやって選手たちをうまく動かすのかを試行錯誤するのが監督モードの醍醐味ですね!

 

次回は毎年恒例!4トップについて記事にしたいと思いますので次回もよろしくお願いいたします!

 

アオアシ(1) (ビッグコミックス)